お金を借りる

金銭

借り入れ審査基準

消費者金融の審査では、すべての金融機関が情報を連携していますから、いくら現在の債務を少なめに申告したとしても多重債務であることは直ぐにバレてしまいます。したがって審査の前に自分の借り入れ状況を正確に把握しておくことが肝要です。

また、返済不可能な高額の支払いを複数社から享受していたり、ヤミ金融などで借りたという履歴も残っていますし、何年何月に彼方此方の消費者金融会社へ融資の申請をしたことなども記録されています。

したがって、あまり手広く当って砕けろの精神で借り入れ申請をしていると、自転車操業をしていると思われて(実際そうでしょうが)信用力を落としてしまいます。

年収の申告

審査へ提出する申し込み書に記載する年収は基本的には自己申告制あるため、普通の業者の大半は記入された内容が正確か否かの判断は難しいのが現状です。

審査する為に個人の債務情報を金融会社同士で持ち合う事で、債務不履行などのトラブルを未然に防ぐ事を目的とした信用情報管理会社が存在しています。

審査の際にはこの信用情報管理会社のデータを活用するのです。またこれとは別に、融資金額が大きくなると所得証明が必要な場合も出てきますし18才以上で親の同意があればクレジットカード会社を発行すること可能です。ただし、この同意は連帯保証ではありません。

もしもこういった融資に対して支払いが履行できなければ、3カ月以上滞納した場合は延滞という事故情報の記録が信用情報管理会社のデータに5年間残り、自己破産や民事再生などは官報掲載情報として7年間記録として掲載されてしまいます。これが即ちがブラックリストというわけです。

所得証明

収入を証明する書類としては、会社に勤務している人は 源泉徴収票・給与明細・課税証明のいずれかとなります。属性に問題もなく他社借入件数も多くないのに審査が通過しないと嘆いている方 がいますが、そういう方は審査の段階で怪しいと疑われてしまっているわけです。

会社では、契約を結ぶ前に、ネットや携帯からの自動審 査と本審査の二段階での審査を行います。自動審査では入力した職業や勤続年数、年収、住居形態などの情報をもとに数値化し、通常の利 用は所得の証明を求められることはまずありません。

サイト運営会社

管理人

無利息ローン

消費者金融のフリーローンでも、一定期間利息が不要の無利息ローンがあります。こういった利息不要のローンを計画的に活用することで、生活が豊かになるばかりか、経済的にも効果があります。何故ならば、お金を借りることで経済が活性化してお金が世の中に循環するからです。